日本文化练习题(120)

日本文化练习题(120)

25.親鸞の悪人正機の説について説明しなさい。悪人正機(は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「悪人こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主正の根機である」という意味である。阿弥陀仏が救済したい対象は、衆生である。すべての衆生は、末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫たる「悪人」である。よって「悪人」であると目覚させられた者こそ、阿弥陀仏の救済の対象であることを知りえるという意である。ここでいう善悪とは、法的な問題や道徳的な問題をさしているのではない。また一般的?常識的な善悪でもない。親鸞が説いたのは仏の視点による善悪である。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(68)

8.古義学派 江戸時代、伊藤仁斎によって唱えられた儒学の一派。仁斎の学問手...

日本文化练习题(62)

2.浮世絵浮世絵は江戸時代に成立した絵画のジャンルである。民衆的風俗画の一様式で肉筆...

日本文化练习题(87)

27.铜剣弥生時代の初期に朝鮮半島より伝えられた。伝わった時点の銅剣は細身で鋭いデザ...

日本文化练习题(83)

23.镰倉新佛教鎌倉時代には、天台と真言の両宗が密教化し、信仰の対象としての位置を失...

Leave a Reply

登录... 后才能评论