日本文化练习题(121)

日本文化练习题(121)

26.室町時代の能楽と狂言について解釈しなさい能:室町時代に、田楽などを基にして、世阿弥によって、大成された動きの少ない極度に様式化された劇である。笛、太鼓などを伴奏として、地謡に合わせたり、自ら歌を歌ったりしながら、舞うという形式である。狂言:狂言は主役と脇役の口語による対話と物まねで成り立つ演芸である。社会や権力者に対する痛烈な皮肉や風刺が込められており、民衆の鋭い批判を強く反映していた。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(02)

法隆寺をはじめ、東大寺、唐招提寺など當時の遺構は世界最古の( )造建築として今日にま...

日本文化练习题(132)

37.近世日本の蘭学はどのような学問か蘭学は、江戸時代にオランダを通じて日本に入って...

日本文化练习题(93)

33.絵踏み江戸時代、キリシタン宗門を厳禁するために、長崎などで正月四日から八日まで...

日本文化练习题(117)

22.弥生時代の金属文化について述べなさい弥生時代前期後半に銅剣や銅矛などの青銅器は...

Leave a Reply

登录... 后才能评论