日本文化练习题(124)

日本文化练习题(124)

29.室町時代の特徴について、述べなさい南北朝文化?北山文化?東山文化に分けられる。全体的な性格は、公家文化と禅宗文化を融合した新しい武家文化に、都市?農村の民衆的要素が加わったものである。戦国時代には、さらに文化の民衆化と地方普及が進んだ。南北朝文化は、14世紀中頃の南北朝の動乱期の文化で、その世相を反映して歴史書や軍記物が書かれた。武士や民衆の台頭から、連歌や茶寄合なども流行し始めた。北山文化3代将軍足利義満の頃の14世紀末~15世紀初めの文化である。義満による南北朝合体?幕政確立という政治の動きを背景に、武家文化が公家文化を摂取して発展する基礎ができた。禅宗文化や明の文化も普及した東山文化8代将軍足利義政の頃の15世紀後半の文化である。禅の精神に基づく簡素さ、伝統文化の幽玄などを基調とする。伝統的文化としての公家文化の発達や芸術性が、生活文化に浸透したのも特徴である。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(117)

22.弥生時代の金属文化について述べなさい弥生時代前期後半に銅剣や銅矛などの青銅器は...

日本文化练习题(02)

法隆寺をはじめ、東大寺、唐招提寺など當時の遺構は世界最古の( )造建築として今日にま...

日本文化练习题(67)

7.摂関政治摂関政治とは、平安時代に藤原氏の良房流一族が、代々摂政や関白あるいは内覧...

日本文化练习题(55)

調味料の王様と言われるのは( )だ。①醤油②ラード③味噌④蕎麦 ...

Leave a Reply

登录... 后才能评论