日本文化练习题(127)

日本文化练习题(127)

32.中国古代史書に記された邪馬台国について、のべなさい邪馬台国は、3世紀に日本列島に存在したとされる国のひとつである。「魏志倭人伝」では、親魏倭王卑弥呼はこの国の女王であり、約30の国からなる倭国の都としてここに住居していたとしている。倭国の邪馬台国は元々男王が治めていたが、国成立から70~80年後、倭国全体で長期間にわたる騒乱が起きた。邪馬台国もその影響を逃れず、卑弥呼という女子を王に共立することによって、ようやく混乱が収まった。弟が彼女を補佐し国を治めていた。女王は魏に使節を派遣し親魏倭王の封号を得た。248年頃、狗奴国との戦いの最中に卑弥呼が死去し、男王が後継に立てられたが混乱を抑えることができなかった。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(63)

3.邪馬台国倭では、2世紀後半に大きな戦乱が起こり、3世紀になって、邪馬台国の卑弥呼...

日本文化练习题(113)

18.鎖国令の目的は何ですか原因としては、二つが挙げられますまず、キリスト教の禁教政...

日本文化练习题(132)

37.近世日本の蘭学はどのような学問か蘭学は、江戸時代にオランダを通じて日本に入って...

日本文化练习题(49)

東大寺、唐招提寺、( )などは世界最古の木建築として今日にまで伝っている。...

Leave a Reply

登录... 后才能评论