日本文化练习题(128)

日本文化练习题(128)

33.冠位十二階が実施された目的聖徳太子により制定された才能や功績に応じて位階を与える制度である。徳、仁、礼、信、義、智をそれぞれ大小に分けて、十二階とし、役人は位階に相当する色のついた冠を着ける。これは朝廷での席次を示した最初の制度と言われている。これによって、人材登用が可能になり、天皇の周囲に優秀な官僚を集めることができると同時に、豪族世襲制を阻止することができた。聖徳太子はこの制度によって、豪族の支配する世の中から公の官僚が政治を行う国にしようとした。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(59)

日本総面積の60%を占める重要な島は( )である。①本州 ②北海...

日本文化练习题(04)

沖繩の返還は( )である。①1952年②1958年③1972年④1978年 ...

日本文化练习题(68)

8.古義学派 江戸時代、伊藤仁斎によって唱えられた儒学の一派。仁斎の学問手...

日本文化练习题(110)

15.近世日本における朱子学はどんな地位にあったか徳川家康は儒仏の分離を求め、林羅山...

Leave a Reply

登录... 后才能评论