日本文化练习题(129)

日本文化练习题(129)

34.近代日本における国学について、のべなさい。日本の古典や古代史を研究することによって、儒学や仏教が導入される前日本人の精神を明らかにし、日本独自の思想を究明していこうとする学問である。国学の先駆的な動きとは江戸中期に始まるが、これを学問として築き上げたものは国学の四大人(しうし)と呼ばれる荷田春満(かだのあずままろ)、賀茂真淵(かものまぶち)、本居宣長(もとおりのりなが)、平田篤胤(ひらたあつたね)ら4人の国学者である。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(93)

33.絵踏み江戸時代、キリシタン宗門を厳禁するために、長崎などで正月四日から八日まで...

日本文化练习题(86)

26.憲法十七条603年、聖徳は初めて、十七条の憲法を作った。内容の核心は当時の政治...

日本文化练习题(60)

今(2002年現在)日本政党として( )ぐらいある。①六つ②ななつ③八つ④九つ&nb...

日本文化练习题(64)

4.三経義疏『三経義疏』とは、聖徳太子によって著されたとされる『法華義疏』・『勝鬘経...

Leave a Reply

登录... 后才能评论