日本文化练习题(130)

日本文化练习题(130)

35.荘園経済は当時の政治にどんな影響を与えたか日本の荘園は奈良時代に律令制下で農地増加を図るために、墾田(こんでん)私有を認めたことに始まった。平安時代には、まず小規模な免税農地からなる免田寄人型荘園が発達し、その後、皇室や摂関家、大寺社など権力者へ寄進す寄進が主流をしめた。743年に懇談永年私財法が発布されて、墾田の永年私有を求めるものだったため、資本をもつ中央貴族、大寺社、地方の富豪は活発に開墾を行い、大規模な土地私有が出現することとなった。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(75)

15.鑑真鑑真は唐の高僧で、742年に、日本に招かれた。鑑真は十二年の歳月と六回目の...

日本文化练习题(89)

29.院政院政とは、在位する天皇の直系尊属である太上天皇(上皇)が、天皇に代わって政...

日本文化练习题(80)

 20.海舶互市新例白石はあと100年も経たないうちに日本の金銀が底を突い...

日本文化练习题(121)

26.室町時代の能楽と狂言について解釈しなさい能:室町時代に、田楽などを基にして、世...

Leave a Reply

登录... 后才能评论