日本文化练习题(82)

日本文化练习题(82)

22.南都六宗奈良時代の最盛期として平城京中心に活動した仏教の六宗派の総称であり、三論宗、成実宗、法相宗、倶舎宗、華厳宗、律宗の六宗からなり。南都六宗は大陸と半島からもたらされた中国仏教の関係宗派を淵源として、成立したのである、中国諸宗派の摂取と受容に際し、主に宗義の解明のための研究を中心として、臨み、宗派別の宗義研究学衆が各寺院内に編成された。各学衆は其々各寺院に分住して宗学の研究に従事し、また学衆個人は他の僧学を兼学したため、一寺一宗、一人専宗という宗学の研究の形態をとることはなかった。

分享到 :
日语成语 14
上一篇 2021-01-12
相关推荐

日本文化练习题(06)

言文一致運動の先頭に立って、小說『浮雲』を書いたのは( )である。①尾崎紅葉②島崎藤...

日本文化练习题(90)

30.俳諧俳諧は俳諧の連歌の略称で、「俳諧」とはもともと滑稽という意である。この俳諧...

日本文化练习题(05)

( )の変化につれて、日本の産業構造と就業構造に変化が起きた。①工業流向②金融流向③...

日本文化练习题(39)

日本の三大新聞は『朝日新聞』、( )、『読売新聞』のことである。①NHK新...

Leave a Reply

登录... 后才能评论