欢迎您光临站壳网,本站秉承服务宗旨 履行“站长”责任,销售只是起点 服务永无止境!

第11話 地震について考える

第11話  地震について考える        

私が 高校生の時、中国の四川省で 大きな地震が ありました。

                 

それは とても 怖かったことでしょう。        

皆さんは 地震対策を 考える時、最初に何を思いつきますか?

      

火の始末です。(始末:物事の締めくくりをつけること。後片付けをすること。処理。)

        

私は 机の下に入って、身を守ります。

      

揺れたからといって すぐに 外へ 飛び出すことは 危険です。

 

日本も 地震の 多い国 ですよね。

 

日頃からの防災に対する準備が大切ですね。

 

 

ポイント1

 

※いろいろな時

「~する+時」(日本に行く時)

暇があるときに、庭の植木の手入れをする。

   暇がある-A      手入れをする-B

 AはBの動作の進行また状態を表している。

Aは動詞の基本形で状態を表すと、BとAの動作は同時で進行している、またBはAの

前で発生した。

  ●路線バスに乗るとき、後ろからすりに財布をすられた。―状態

  ●電車に乗る時、転んでけがをしました。―状態

  ●上海に行く時、船で行った。―同時進行

 

ポイント2

 

※~でしょう。

[連語]《丁寧な断定の助動詞「です」の未然形+推量の助動詞「う」》「だろう」の丁寧な表現。「明日は雨が降る~

 

う」「彼が遅刻したのは、寝坊したからなの~う」 

 “~でしょう”は確認を表す時2種類の使い方がある。

その場合、音調の変化に気をつけましょう。

RIPRO主题是一个优秀的主题,极致后台体验,无插件,集成会员系统
日语考试库 » 第11話 地震について考える