日语阅读

阿Q正伝 第一章

第一章 序わたしは阿Qあキューの正伝を作ろうとしたのは一年や二年のことではなかった。...

阿Q正伝 第二章

第二章 優勝記略阿Qは姓名も原籍も少々あいまいであった。のみならず彼の前半生の「行状...

阿Q正伝 第三章

第三章 続優勝記略  それはそうと、阿Qはいつも勝っていたが、名前が売れ出...

阿Q正伝 第四章

第四章 恋愛の悲劇  こういう人があった。勝利者というものは、相手が虎のよ...

阿Q正伝 第五章

第五章 生計問題  阿Qはお礼を済ましてもとのお廟みやに帰って来ると、太陽...

阿Q正伝 第六章

第六章 中興から末路へ  阿Qが再び未荘に現われた時はその年の中秋節が過ぎ...

阿Q正伝 第七章

第七章 革命  宣統せんとう三年九月十四日――すなわち阿Qが搭連を趙白眼に...

阿Q正伝 第八章

第八章 革命を許さず  未荘の人心は日々に安静になり、噂に拠れば革命党は城...

阿Q正伝 第九章

第九章 大団円  趙家が掠奪に遭ってから、未荘の人は大抵みな小気味よく思い...

明日

 「声がしない。――小さいのがどうかしたんだな」 赤鼻の老拱ろうきょうは老酒ラオチュ...

兎と猫

 わたしどもの裏庭の奥に住んでいる三太太サンタイタイは、夏のうち一対の白兎を買取り、...

鴨の喜劇

 ロシヤの盲目詩人エロシンコ君が、彼の六絃琴げんきんを携えて北京ペキンに来てから余り...

狂人日記

 某君兄弟数人はいずれもわたしの中学時代の友達で、久しく別れているうち便りも途絶えが...

        一  亮あかるい月は日の出前に落ちて、寝静まった街の上に藍...

孔乙己

 魯鎮ろちんの酒場の構えは他所よそと違っていずれも皆、曲尺形かねじゃくがたの大櫃台お...

幸福な家庭

 するもしないも全く自分の勝手だが、作品というからには、鉄と石とカチ合って出来た火花...