大岡昇平

野火01

 一 出発  私は頬を打たれた。分隊長は早口に、ほぼ次のようにい...

野火02

 二 道  部落の中はアカシヤの大木が聳え、道をふさいで張り出し...

野火03

 三 野火  私はいつか歩き出していた。歩きながら、私は今襲われ...

野火04

 四 坐せる者等  病院の附近は、住民の開墾した玉蜀黍畑が草原を...

野火05

 五 紫  日は暮れて来た。空は夕焼して赤い色が天頂を越え、東の...

野火06

 六 夜  夜は暗かった。西空に懸った細い月は、紐で繋がれたよう...

野火07

 七 砲声  次に眼を覚したのは、砲声によってであった。夜は殆ん...

野火08

 八 川  幾日かがあり、幾夜かがあった。私を取り巻く山と野には...

野火09

 九 月  さらに幾夜かがあった。中隊を出る時三日月であった月は...

野火10

 一〇 鶏鳴  二日の後、私はその椰子の林を去った。立ち上るのに...

野火11

 一一 楽園の思想  こうして私は飽満の幾日かを過した。周囲に聞...

野火12

 一二 象徴  それから毎日、倒木を渡ってこの斜面に坐り、海を眺...

野火13

 一三 夢  その夜私は夢を見た。 私は既にその村に歩み入ってい...

野火14

 一四 降路  その時私のいた丘の高さは約三百米、海岸までの距離...

野火15

 一五 命  明るさは急速に増しつつあった。林に行き着き振り返る...

野火16

 一六 犬  扇状に拡がって、ゆるく海へ傾いた斜面は、三十軒ばか...