横山秀夫

クライマーズ・ハイ18

      18  昼食は地下の社員食堂で済ませた。 大部屋に戻...

クライマーズ・ハイ19

      19  午後四時を回って大部屋は騒がしくなってきた。...

クライマーズ・ハイ20

     20  午後六時。ようやく明日の朝刊一面の割り付けが決...

クライマーズ・ハイ21

      21  大部屋に夕飯の出前が届き始めていた。 トイレ...

クライマーズ・ハイ22

      22  日付は十六日に変わっていた。 大部屋は帰り支...

クライマーズ・ハイ23

      23  悠木は天井を見つめていた。 煙草の脂で黄ばん...

クライマーズ・ハイ24

      24  北関から県立図書館までは車で十五分ほどの距離...

クライマーズ・ハイ25

      25  JR前橋駅まで末次を車で送り、その足で県央病...

クライマーズ・ハイ26

      26  テールリッジからアンザイレンテラスまでの行程...

クライマーズ・ハイ27

      27  ハンドルを握る手には、まだゴムボールの柔らか...

クライマーズ・ハイ28

      28  廊下の自動販売機コーナーに佐山を待たせ、整理...

クライマーズ・ハイ29

      29  会議は雑談めいた展開になった。 粕谷局長は上...

クライマーズ・ハイ30

      30  悠木が一階の販売局に足を向けたのは五時近かっ...

クライマーズ・ハイ31

      31  午後六時を回り、編集局の大部屋は煙草の煙で靄...

クライマーズ・ハイ32

      32  午後十一時半を回った。 大部屋は異様な静けさ...

クライマーズ・ハイ33

      33 「3301番」は沈黙していた。 編集局員用とし...