芥川比呂志

決められた以外のせりふ10

「文學界」記者時代   ——内職をしよう...

決められた以外のせりふ11

昭和二十年八月   昭和二十年六月、私たちの陸軍戦闘機隊は、鹿児...

決められた以外のせりふ12

「新ハムレット」   昭和十六年、太宰治の「新ハムレット」の初版...

決められた以外のせりふ13

 緩い曲り角   どうも、開眼というようなはっきりした...

決められた以外のせりふ14

 読書のたのしみ   大学の予科にいた時、国文学の佐藤...

決められた以外のせりふ15

 ルオー讃   はじめてルオーの実物を見たのは、戦前、...

決められた以外のせりふ16

 名作のなかの好きな女性   文学作品中に登場する女性...

決められた以外のせりふ17

 名作のなかの好きな女性   文学作品中に登場する女性...

決められた以外のせりふ18

 アメリカの演技   アメリカの芝居の役者の演技を見て...

決められた以外のせりふ19

 アメリカの観客席  ニューヨークのブロードウェイ劇場の、幕間の...

決められた以外のせりふ20

 仮面をぬぐアルレッキーノ   ミラノのピッコロ・テア...

決められた以外のせりふ21

 ベルリンの高峰秀子  ドイツ語ときたら、自慢ではないが、まるで...

決められた以外のせりふ22

ピーター・ブルックの稽古場   パリへ着いたのが、四月八日である...

決められた以外のせりふ23

「リア王」の魅惑  稽古が終る。パリ・国立調度博物館の大広間を領していた緊...

決められた以外のせりふ24

 実験的な国立劇場  フランスの五月革命が一挙に大爆発を起した翌...

決められた以外のせりふ25

 ルイ・ジュヴェの幻影   夜中の十二時、ヴァヴァンの...