喬林知

今日からマ王10-5

 5 フランクフルト行き  上半身を膝につくほど折り曲げて、エイ...

今日からマ王13-2

      2  野球小僧《こぞう》に似合うべきなのは、泥《どろ...

今日からマ王2-3

           3   フォンクライスト卿《きょ...

今日からマ王2-4

           4  自分の城の厨房《ちゅうぼう》に入るの...

今日からマ王2-5

           5  船では起こりえないような震動《しんど...

今日からマ王2-6

           6  おれの中ではその間ずっと、ポーリュシ...

今日からマ王2-7

           7    島の乙女《おとめ》に恋...

今日からマ王2-8

           8  またしても厨房《ちゅうぼう》に嗅《か...

今日からマ王2-9

           9  自ら猛省《もうせい》したフォンクライ...

今日からマ王2-10

           10 「こんな細かい文字に、よくお気がつか...

今日からマ王3-1

      1 男同士でシーワールド。「……ど...

今日からマ王3-2

      2「何故《なぜ》そいつがここにいる」 南側の国境で待機していた...

今日からマ王3-3

      3 |眞魔《しんま》国国主である歴代魔王からの委任を受けてカー...

今日からマ王3-4

      4 私のこのような恥《は》ずかしい姿をご覧になったら、陛下はな...

今日からマ王3-5

      5 髪《かみ》が短くて本当によかった。 隣《となり》で、しなび...

今日からマ王3-6

      6 水の補給と馬のために、間違いなくあの街に寄ったはずだ。 少...