奥の細道

那須

原文那須の黒ばねと云所に知人あれば、是より野越にかゝりて、直道すぐみちをゆかんとす。...

黒羽

原文黒羽の館代浄坊寺何がしの方に音信おとづる。思ひがけぬあるじの悦び、日夜語りつゞけ...

雲巌寺

原文当国雲岸寺のおくに、仏頂和尚山居跡有。 竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶ...

殺生石・遊行柳

原文是より殺生石に行。館代より馬にて送らる。此口付のおのこ、「短冊得させよ」と乞。や...

白河の関

原文心許なき日かず重るまゝに、白川の関にかゝりて旅心定りぬ。「いかで都へ」と便求しも...

須賀川

原文とかくして越行まゝに、あぶくま川を渡る。左に会津根高く、右に岩城・相馬・三春の庄...

あさか山

原文等窮が宅を出て五里計ばかり、檜皮ひはだの宿を離れてあさか山有。路より近し。此あた...

しのぶの里

原文あくれば、しのぶもぢ摺の石を尋て、忍ぶのさとに行。遙山陰の小里に石半なかば土に埋...

佐藤庄司が旧跡

原文月の輪のわたしを越て、瀬の上と云宿に出づ。佐藤庄司が旧跡は、左の山際一里半計いち...

飯塚

原文其夜飯塚にとまる。温泉(いでゆ)あれば、湯に入て宿をかるに、土坐に莚(むしろ)を...

笠島

原文鐙摺、白石の城を過、笠島の郡(こおり)に入れば、藤中将実方の塚はいづくのほどなら...

武隈の松

原文武隈の松にこそ、め覚る心地はすれ。根は土際より二木にわかれて、昔の姿うしなはずと...

宮城野

原文名取川を渡て仙台に入。あやめふく日也。旅宿をもとめて、四、五日逗留す。爰(ここ)...

壷の碑

原文かの画図にまかせてたどり行ば、おくの細道の山際に十符(とふ)の菅(すげ)有。今も...

末の松山

原文それより野田の玉川・沖の石を尋ぬ。末の松山は、寺を造て末松山(まっしょうざん)と...

塩釜

原文早朝、塩がまの明神に詣。国守再興せられて、宮柱ふとしく、彩椽(さいてん)きらびや...