土佐日記

門出

【門出】  男もすなる日記(にき)といふものを、女もしてみむとて、するなり...

送別の宴

【送別の宴】  二十五日(はつかあまりいつか)。守の館(たち)より、呼びに文(ふみ)...

船出

【船 出】  二十七日(はつかあまりなぬか)。大津より浦戸をさして漕ぎ出(い)ず。か...

元 日

【元日】  元日。なほ、同じ泊りなり。白散(びやくさん)をある者、「夜の間...

大湊の泊(一)

【大湊の泊】 (一) 七日になりぬ。同じ湊(みなと)にあり。けふは白馬(あ...

大湊の泊(二)

【大湊の泊】 (二) かくて、この間にこと多かり。けふ、破籠(わりご)持た...

宇多の松原(一)

【宇多の松原】 (一) 九日のつとめて、大湊(おほみなと)より奈半(なは)の泊(とま...

宇多の松原(二)

【宇多の松原】  (二) かくあるを見つつこぎ行くまにまに、山も海も皆暮れ...

羽根

【羽根】  十日。今日は、この奈半(なは)の泊(とまり)にとまりぬ。  十...

暁月夜

【暁月夜】  十七日(とをかあまりなぬか)。くもれる雲なくなりて、暁月夜(...

安倍仲麿の歌

【安倍仲麿の歌】  十九日(とをかあまりここぬか)。日悪しければ、船いださ...

かしらの雪

【かしらの雪】  二十一日(はつかあまりひとひ)。卯(う)の時ばかりに船出...

海賊の恐れ

【海賊の恐れ】  二十三日(はつかあまりみか)。日照りて曇りぬ。「このわた...

子の日の歌

【子の日の歌】  二十九日(はつかあまりここぬか)。船いだして行く。うらうらと照りて...

阿波の水門

【阿波の水門】  三十日(みそか)。雨風吹かず。海賊は、夜、歩きせざなりと聞きて、夜...

黒崎の松原

【黒崎の松原】  二月(きさらぎ)一日。あしたの間(ま)、雨降る。午刻(む...