小倉百人一首(解読版)

小倉百人一首(21)

 21、今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな素性...

小倉百人一首(22)

 22、吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ文屋康...

小倉百人一首(23)

 23、月みれば ちぢに物こそかなしけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど大...

小倉百人一首(24)

 24、このたびは ぬさもとりあへず手向山(たむけやま) もみぢの錦 神の...

小倉百人一首(25)

 25、名にし負はば 逢坂山のさねかづら 人に知られで 来るよしもがな三条...

小倉百人一首(26)

 26、小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびのみゆき待たなむ貞信公&...

小倉百人一首(27)

 27、みかの原 わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ中納言兼...

小倉百人一首(28)

 28、山里は 冬ぞさびしさまさりける 人目も草もかれぬと思へば源宗于朝臣...

小倉百人一首(29)

 29、心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる白菊の花凡河内躬恒...

小倉百人一首(30)

 30、有明の つれなく見えし別れより 暁ばかり うきものはなし壬生忠岑&...

小倉百人一首(31)

 31、朝ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪坂上是則&nb...

小倉百人一首(32)

 32、山川(やまがは)に 風のかけたるしがらみは 流れもあへぬもみぢなり...

小倉百人一首(33)

 33、ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく 花の散るらむ紀友則&n...

小倉百人一首(34)

 34、誰(たれ)をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の友ならなくに藤原興...

小倉百人一首(35)

 35、人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の香(か)ににほひける紀貫...

小倉百人一首(36)

 36、夏の夜は まだ宵(よひ)ながらあけぬるを 雲のいづこに月やどるらむ...