小仓百人一首(试译版)

小仓百人一首(21)

 21、今来むといひしばかりに長月の有明の月をまち出でつるかな。&mdas...

小仓百人一首(22)

 22、吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ/文屋康秀...

小仓百人一首(23)

 023.月見ればちぢに物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど/大江千...

小仓百人一首(24)

 024.このたびはぬさもとりあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに/菅家&...

小仓百人一首(25)

 025.名にし負はば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな/三条右...

小仓百人一首(26)

 026.小倉山峰のもみぢ葉心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ/貞信公&n...

小仓百人一首(27)

 27、みかの原わきて流るるいづみ川いつみきとてか恋しかるらむ/中納言兼輔...

小仓百人一首(28)

 028.山里は冬ぞさびしさまさりける人目も草もかれぬと思へば/源宗于朝臣...

小仓百人一首(29)

 029.心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花/凡河内躬恒&...

小仓百人一首(30)

 30、有明のつれなく見えし別れよりあかつきばかり憂きものはなし。&mda...

小仓百人一首(31)

 031.朝ぼらけ有明の月と見るまでに吉野の里にふれる白雪/坂上是則&nb...

小仓百人一首(32)

 32、山川に風のかけたるしがらみは流れもあヘぬ紅葉なりけり。&mdash...

小仓百人一首(33)

 33、久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ/紀友則 ...

小仓百人一首(34)

 34.誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに/藤原興風 ...

小仓百人一首(35)

 35、人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける。—...

小仓百人一首(36)

 36、夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ/清原深養父&...