竹取物語

かぐや姫の誕生

【かぐや姫の誕生】  今は昔、竹取の翁(おきな)といふ者ありけり。野山にまじりて竹を...

かぐや姫の成長

【かぐや姫の成長】  竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔て...

貴公子たちの妻問い(一)

【貴公子たちの妻問い】 (一) 世界のをのこ、貴(あて)なるも卑しきも、いかでこのか...

貴公子たちの妻問い(二)

【貴公子たちの妻問い】 (二) これを見つけて、翁、かぐや姫に言ふやう、「わが子の仏...

貴公子たちの妻問い(三)

【貴公子たちの妻問い】  (三) 日暮るるほど、例の集まりぬ。あるいは笛を吹き、ある...

石作りの皇子の話

【石作りの皇子の話】  なほ、この女見では、世にあるまじき心地のしければ、天竺(てん...

庫持皇子の話(一)

【庫持皇子の話】 (一) 庫持(くらもち)の皇子(みこ)は、心たばかりある人にて、公...

庫持皇子の話(二)

【庫持皇子の話】 (二) かかるほどに、門(かど)をたたきて、「庫持の皇子おはしたり...

庫持皇子の話(三)

【庫持皇子の話】 (三) 翁聞きて、うち嘆きてよめる、   くれ竹のよよの竹取り野山...

庫持皇子の話(四)

【庫持皇子の話】 (四) かの憂へをしたる匠(たくみ)をば、かぐや姫呼びすえて、「う...

帝の求婚(一)

【帝の求婚】 (一) さて、かぐや姫、かたちの世に似ずめでたきことを、帝(みかど)聞...

帝の求婚(二)

【帝の求婚】  (二) この内侍帰り、この由を奏す。帝聞こし召して、「多くの人殺して...

帝の求婚(三)

【帝の求婚】 (三) 翁喜びて、家に帰りてかぐや姫に語らふやう、「かくなむ...

帝の求婚(四)

【帝の求婚】 (四) 帝仰せたまふ、「造麻呂が家は、山もと近かなり。御狩り...

かぐや姫の告白(一)

【かぐや姫の告白】 (一) かやうに、御心を互ひに慰めたまふほどに、三とせばかりあり...

かぐや姫の告白(二)

【かぐや姫の告白】 (二) 八月十五日(もち)ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといた...