美しい言葉

愛逢月(めであいづき)

七夕月(たなばたづき)、七夜月(ななよづき、または、たなやづき)、そして、この愛逢月...

峠(とうげ)

「峠」という漢字は、日本で考え出されたそうです。山の上りと下りの境目ということが、よ...

咲初小藤(さきそめこふじ)

七月の誕生色は、梅雨明けの夏の光に輝いた紫露草(むらさきつゆくさ)の淡い紫です。&n...

黄昏(たそがれ)

黄昏の漢字は中国語をそのまま当てたもので、「昏」は薄暗いという意味です。太陽の光の輝...

明日(あした)

明日は、もともと朝という意味でした。それが、中世以降、前夜に特別なことがあった次の朝...

詞華(しか)

美しくすぐれた詩や文章のことをいいます。 普通、詩や短歌など韻文の総称は「...

鵲の橋(かささぎのはし)

織姫と彦星がどのように天の川を渡るがご存知ですか? 七月七日の夜、鵲(かさ...

鮑玉(あわびだま)

鮑から取れる、天然の真珠のことです。 古くから、鮑は真珠が取れる貝というだ...

空蝉(うつせみ)

手にとるとふわっと軽くて、少し力を入れればかさかさと潰れてしまいそうな危うさ。&nb...

蓮華(れんげ)

「蓮(はす)」の花のことです。 ~ひーらいた ひーらいた 何の花がひーらい...

鳴き砂(なきすな)

琴引浜、琴が浜、恋の浦、十八鳴(くぐなり)浜・・・・・・鳴き砂で有名な浜辺です。&n...

鬼灯(ほおずき)

今日は、四万六千日(しまんろくせんにち)と呼ばれ、観音様の功徳日(くどくび)にあたり...

蓮っ葉(はすっぱ)

ちょっと軽薄で、浮気っぽい女性のことをいいます。 これは、お盆の供え物を蓮...

異邦人(いほうじん)

「邦」という漢字には国という意味もあるので、異邦人というと外国人という意味ですが、外...

中元(ちゅうげん)

中国の水をつかさどる神、龍王には三人の娘がいました。この娘が、三人とも、陳子椿(ちん...

末摘花(すえつむはな)

紅花(べにばな)のことです。今でも、良質の油がとれるということで有名です。 ...