一个日本人的趣味旅行

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 06

オレは、紧急対策として头を抱えるようにして颜を隠した。これこそまさに正真正铭の「头隠...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 07

それにしても、英語の通じなさすなわち現地人との意思の疎通の難しさ、そしてトイレで受け...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 08

たしかに。我々と中国人は親戚のようなもので、生物的な外見はもちろん食習慣も使う文字も...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 10

ということで寺に到着した。ここ曇華寺は、先ほども述べた通り青年時代の朱徳(中国人)が...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 09

市バスに乗って曇華寺という寺を目指す。ガイドブックによると、そのお寺は青年時代の朱徳...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 11

尚、それでは電車の駅はなんというかというと、「火車站」と書いて「ホーチョージャン」で...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 12

……この汽車站に来て、初めて誰かとわかり合う事が出来ました(涙)。なんでこんなことに...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 14

……それはそうと、上の口の話が出たらやっぱり今度は下の口である。昆明を出る日の朝、例...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 13

~麗江1~昨夜はまたメニューのない食堂で中国語会話に挑戦したのだが、「白いご飯」を頼...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 15

さて、一見してこの黒塊、単純に色から判断すると白人のものではないような気がしてしまう...

一个日本人的趣味旅行-昆明篇 16

さて、昆明から電車に乗って6時間で雲南省の都市、大理へ。初めて乗った中国の電車だが、...

一个日本人的趣味旅行-丽江篇 02

朝1番で、麗江旧市街のレンタルサイクル屋にて自転車を借りる。股下180cmのオレにフ...

一个日本人的趣味旅行-丽江篇 01

これは大理古城の路上で二胡のパフォーマンスをしていた女学生だ。学費が足りないので助け...

一个日本人的趣味旅行-丽江篇 03

ちなみに、仮病で会社とか学校を休んだ日って、1日が過ぎるのがものすごく早いんだこれが...

一个日本人的趣味旅行-丽江篇 04

食堂を出ると自転車を漕いで幹線道路をひたすら北へ。前方には標高5000メートルを超え...

一个日本人的趣味旅行-丽江篇 05

よし、ともかくこうして朝っぱらから道を教えてもらったからには、もう今夜死んでも悔いは...